ごあいさつ

当院は明舞地区の中核病院として48年間、地域の方々とともに歩んでまいりました。

時代の流れとともに医療・看護も大きく変わってまいりました。

しかし、どんなに時代が変わっても変えてはいけない医療・看護の本質があります。

一方で時代のニーズにあわせて合変えなければならないものもあります。

新しい知識や技術を取り入れながら、いつの世も変わらない看護の心を守っていきたいと思います。

皆様に喜んでいただける看護を提供できるよう一同努めてまいります。

看護部理念

 病院の理念に基づき、患者様ご家族のお一人お一人を大切にし、安全で安楽な看護を提供します。

看護部の方針

 1、地域の方々の健康を支える看護を行います。

 2、 医療チームの一員として協働し、役割と責任を果たします。

 3、専門職としてつねに探求心と向上心をもち、研鑽に努めます。

平成30年度 看護部目標

1安心・安全で信頼される看護を実践する。

 ①感染防止対策の強化―耐性菌院内発生数、インフルエンザアウトブレイクを前年度より減少させる。

 ②設備・備品の不備・不具合を改善し医療環境の安全性を高める。

 ③「医師・看護師業務負担軽減対策」をすすめ、看護業務に専念する。

 

  2、診療体制・看護体制に見合った適正な人材確保を行う。

     ①看護職員の安定確保―改定入院基本料5~6の獲得

      ②急性期医療・チーム医療を推進するための看護人材の確保 ~リリーフナースやスペシャリストの採用・導入~

    ③離職防止対策として、目標面接を通じてやりがいを支援する(最低3/年 面接)

 

  3、病院経営に貢献する

     ①効率的・効果的な病棟管理の実践  ~各部署目標の病床利用率を達成する~

     ②地域連携室と共働し退院調整を進める      ~平均在院日数(21日以内)を維持し、自宅退院復帰率を高める~

     ③看護必要度(重症度割合Ⅱ)で12%~17%達成する

 

組織について

当院看護部の組織についてご紹介いたします。

部署について

当院の各部署についてご紹介いたします。

委員会・教育について

当院看護部で行っている委員会や教育体制をご紹介いたします。